先週の土曜日は、新大阪で曼荼羅アート講座でした。

体験してくれたのは、アートセラピスト仲間の3人。

お二人は曼荼羅アートは初めて。
経験者Mちゃんは、すっかり曼荼羅アートの素晴らしさに魅了され、これで4枚目。

Mちゃんとは、春分の日に曼荼羅アートを一緒に描いたので、夏至(少し過ぎたけど)のタイミングで、曼荼羅を描きたいとリクエストいただきました。

おしゃべりと集中を繰り返し、4つの花が咲きました。

自己分曼荼羅会1
出来上がった曼荼羅には、それぞれの「今」が、写し出されています。

アートセラピストの集まりだけに、感じたこと、気付いたことなどを、た~っぷりシェアし合いました。

Mちゃんは、今回の曼荼羅アートを通して、今までの思いこみに対して、大きな気付きがあったとのこと。

曼荼羅アートは、美しい色と形で描いているうちに、自分に繋がり、気付きを得られる、誰にも必要とされるアートなのです(^^)

6月夏至の曼荼羅●私の曼荼羅…前回に引き続き、茶色がメインカラーに。
地に足を付けていたい、堅実に一歩ずつ進みたい、自然を感じていたい、今の私がいます。